仕事と野球さえあれば

日本列島を上から見て甲子園がストライクゾーンど真ん中なら外角ギリギリのとこに、機嫌よく暮らしてます。

いつかの日

大荒れの天気。5時過ぎ下の子からLINEでお迎え希望の連絡あり、6時過ぎに仕事を終わらせて最寄りの駅近くのコンビニ駐車場で待つ。傘を差していてもびしょ濡れになる中、子と一緒にスーパーへ。カートを押す子の横を歩きながら、こういうことのひとつひとつが、いつかこの子が巣立った時思い出になって、私は泣くんだろうなと、泣いてる自分を思って少し涙ぐんでしまった。子がiPhoneに入れてる音楽を、タイトルを教えてもらって同じのを入れたり、アプリの使い方を教えてもらったり、遅くに帰宅した子とシンクの縁に並んで立っておやつを食べたり、送り迎えの車の中でたわいのないおしゃべりしたり、そんなことをすぐに思い出して泣くんだろうな。

上の子は高校で寮のある、他県へ進学した。大学で地元に戻ったので、高校の3年間、ことあるごとに私は大泣きしてた。買い物してても、運転してても上の子をふと思っただけでわんわん泣いてた。

それがまた数年後やって来るかと思うと。

 

ちょっとおセンチになっちゃった。先のこと思って今から泣くなんてね。

広告を非表示にする