仕事と野球さえあれば

日本列島を上から見て甲子園がストライクゾーンど真ん中なら外角ギリギリのとこに、機嫌よく暮らしてます。

ミス0を目指すも

昨日と同じく夕方から脈が飛ぶ。

 

部品の不足は、作業している会社によって、私に直接連絡してくるところと、設計担当者にかけてくるところがある。午後、設計担当者に言ってきた数が、再々変更になって、最後にはさすがに現場の人も謝ったらしいが、実際に倉庫を行き来して準備する私の身にもなって欲しい。落ち着いて机に座ってもいられない。

今回の現場の荷出しの段階での準備はAさんも手伝ってくれている。不足品は、Aさん担当の物ばかりだ。初めてだし、これも経験なのだが、本人が事の重大さがわかっていない。

すんませーん、と笑ってる。最初の頃はもう少し真剣な顔の一つもしていたが。やる気が失せたのかも。

 

不足は、追加で必要なので準備しておいて、というのと、ちゃんと出してた?という意味の足りない、では大きく違う。

荷出しミス0を目標にしている今、後者の不足は私にしたら大問題だ。

先に書いたように、二人で準備したから、それを準備した時の印象がはっきりしていなくて、だから原因がわからない。

 

話は変わって、現場に配達した物の名前と数を覚えるのはどうしたらいいんだろう、と、設計担当者に相談したら、そんなの無理、と言われた。設計担当者は、設計段階で、営業から言われた時の印象で覚えていることもあるが、やっぱり覚えていないこともあると。

しっかり者の設計担当者にそう言われると不可能かなあ、と自信をなくす。

 

とにかくこんな感じで倉庫と事務所を行ったり来たりで忙しく、じっくり改善を考える時間もない毎日で、「時間が人生を作る」と思って今を整理しようとしてもそんな時間がない。

時間は作るもの、とどこかで読んだけど、こんな小さい会社で、毎日が突発の仕事の連続では、計画も立てられない。

 

なんか成長しないようで怖いなあ。